普茶料理 八合庵

普茶料理

 

この料理は吾が黄檗宗の開山隠元禅師の門下が中國から伝えた調理法のご馳走で、普茶とは大衆と共に礼を尽くすという語源で、大法要、大行事の際、全山の者が一堂に会し行儀正しく作法に随ってお茶を頂き、行事の顛末について諸注意をなし、又意見の交換をして協議打合せをする、その行事を茶礼といいます。その行事法要等の後で謝茶(ご苦労よび)をするのでありますが、この時のご馳走を普茶料理といいます。お互いの礼を謝しあって親睦を厚くする会食のことをいいます。

 

元来この普茶料理は神仏にお供えした種々のものを下げて、親族や近親者や仲の良い友達同志(心をゆるした間柄)が同じ食べ物を同じ器具に入れ、同じように食するご馳走の事をいいます。

 

大勢の力を借りて礼をつくし、道を成じて平和な世界を将来することの意が含まれているといわれています。深遠な意味をもつものであるから軽率に扱う料理ではありません。又これを美味しく頂戴するためには親切心(これも大きな御仏の心)をもって拵えなければならない事は云うまでもありません。

 

四季折々の旬の新鮮な素材を使い一品一品心を込めて作り上げ、お客様をおもてなし致します。

 

当道場では必ず五観の偈をお唱えして頂きます。

 

<五観の偈>
一つには、功の多少を計り彼の来処を量る  
 (この食事がどうしてできたかを考え、食事が調うまでの多くの人々の働きに感謝をいたします。)
二つには、己が徳行の全闕と忖って供に応ず  
 (自分の行いが、この食を頂くに価するものであるかどうか反省します。)
三つには、心を防ぎ過貪等を離るるを宗とす 
 (食事の量や内容にかかわらず、正しい心で残さずいただきます。)
四つには、正に良薬を事とするは形枯を療ぜんが為なり 
 (食事は身と心の健康を保つための、一番の薬です。)
五つには、道業を成ぜんが為に應にこの食を受くべし  
 (自分の仏道修行、目標、責務を成し遂げるための食事なので有りがたく頂きます。)

5400円のコース

普茶料理 普茶料理

 

笋羹(しゅんかん)、麻腐(まふ)、油 じ(ゆじ)、珍味(ちんみ)、雲片(うんぺん)等、かなり多めの品ぞろえです。

5400円のコース 代表的な料理

普茶料理 胡麻豆腐  普茶料理 笋羹  普茶料理 笋羹

 

普茶料理 うなぎ  普茶料理 ゆじ  普茶料理 ゆりね

特別コース

器にもこだわった特別コースです。  

 

特別コース 普茶料理

3240円のコース (普茶弁当)

普茶料理 弁当  普茶料理 弁当

 

こじんまりとしていますが、量的にはこれでもご満足頂ける内容かとは思います。
季節により、内容が変わります。

普茶料理を立礼形式でもご案内

普茶料理 立礼

 

配膳途中の様子です。

各コースの設定

5400円のコース

皿盛り

3240円のコース 皿盛り    お弁当
その他のコース 皿盛り    お弁当

 

普茶料理

 

その他のコースはご予算に応じてお作り致します。お気軽にお問い合せ下さい。
普茶料理の営業時間帯も通常は11時30分頃から14時頃までですが、夕刻の時間帯も
可能です。ご予約は仕込みの都合もありますので5日前までにお願い致します。

 

お問い合わせは・・・TEL 0774-32-1365 まで

 

 

 

当道場の普茶料理についてのブログ

ご利用下さった方がブログに掲載して下さいました。
こちらがそのブログです。 ブログ

食べログにも掲載させていただきました。

最近の掲載なので口コミは、未だありません。 これから少しずつでも広めて行きたいと思います。

 

こちらです→ 食べログ